節約&簡単!直毛に悩む男子は今すぐパーマをかけよう!

だいず
このブログに来ていただきありがとうございます!
この記事は非公開にしていましたが、検索で来てくださる方がいるようなので、現在試験的に公開しています。

「直毛で剛毛だからセットめんどくさいなぁ…」

どうも、ハガネのような直毛に20数年間苦しんできただいず(@hatakenodaizu)です。

直毛だとセット大変ですよね。
しかもちょっと伸びただけで一気にボリューム感が出るので、カットする頻度も多くなってしまいます。

僕も髪の毛には難儀な思いをしてきました…。
しかし、半年前からパーマをかけるようにしたところ、感動するくらい髪の毛の悩みが解決しちゃいました!

直毛に消耗しつづける男子諸君。今すぐにパーマをかけるんだ!(`・ω・´)

 

スポンサーリンク

 

直毛・剛毛男子に特有の悩み

直毛の悩みの原因は、大きく3つあると思います。

①毎月カットするからお金がかかる
②セットに時間がかかる
③パーマをかけて周りに気付かれるのが恥ずかしい

直毛でなおかつ髪が固いと、どうしても短髪にせざるを得ないですよね。

でも短髪はちょっと伸びただけでボリュームが出てしまうので、清潔感を維持するためには頻繁にカットしなくてはなりません。
私も特別オシャレに気を使っているわけでもないのに、一か月に1回くらいのペースでカットしていたので結構な出費でした。

そして、髪が固いのでセットに時間がかかってめんどくさい。
寝ぐせを直すだけでも大変なのに、スーパーハードの整髪料じゃないと髪がまとまらない。そして崩れやすい。

かといって、パーマをかけるのもなんだか気恥ずかしい…。お金もかかりそうだし…。

こんな風に直毛のことで大変な思いをしていませんか?
大丈夫。これ全部パーマが解決してくれます。

 

スポンサーリンク

 

パーマが悩みを解消してくれる理由

①実はパーマをかける方が経済的

たしかにカットに加えてパーマをかけると、一回当たりの費用は高くなります。
しかし年間トータルで見ると、パーマをかけた方が出費を抑えることができるんです。

直毛だと伸びた時にボリュームが出やすいですが、髪がカールしていると伸びても目立ちにくいためカットの頻度を抑えることができます。

参考までに、僕は毎月1回カットしていたのがパーマをかけてからは2カ月に1回まで抑えられました。
パーマは毎回かけるわけではないので、シーズンに1回くらいで済みます。

実際に、僕の年間トータルの費用をざっくり計算してみます。

【直毛の場合】
カット4,000円 × 12回 = 48,000円

【パーマの場合】
カット4,000円 × 6回 = 24,000円
パーマ4,000円 × 4回 = 16,000円
24,000 + 16,000 = 40,000円

年間8,000円の節約ですね。
実際はカットとパーマを一緒にやると割引があるのでもっと安くなります。

長いスパンで見れば、パーマはかえって節約になるんです。

②忙しい朝でもすぐにセットできる

直毛のセットって大変ですよね。
髪の毛はまっすぐなのに頭は曲面。頭のカーブに合わせて髪の毛をなでつけるのってすごく時間がかかってしまいます。

無理にボリュームを抑えつけても、ちょっとした動きで簡単に乱れてしまうから困るんですよね…。

それがパーマをかけて髪の毛をカールさせると、頭のカーブに合わせやすくなってボリュームのコントロールが一気にラクになります。
手間がかからない分、サクッとセットできて時間も短縮できました。

僕の場合、以前は寝ぐせ直しも含めて5分以上かかっていたのが今は1分くらいで済んでいます。
整髪料つけてテキトーにまとめるだけでもいい感じになるので、忙しい朝にはすごくありがたいですね。

③そんなに気付かれない

はい、そんなに心配するほど気付かれません。
ちょっと寂しい気もしますが…。

美容師さんもプロですから、ナチュラルな仕上がりにしてくれます。
むしろいきなり強いパーマをかけようとしても、剛毛の人だとなかなかかからないのが普通らしいです。
何度かかけるうちに、だんだんパーマのかかりがよくなっていきます。

なので、よほど極端なスタイリングをしない限りは目立たないので安心して大丈夫です!
美容師さんとヘアカタログを見ながら、「これくらいの仕上がりにしてほしい」というのを相談してみましょう。

髪の毛で消耗しているのはもったいない!

というわけで、直毛や剛毛で悩んでいる男子諸君には全力でパーマをおすすめします。

整髪にかける時間も、頻繁にカットに行くお金ももったいないですからね。
それになにより、髪型が変わると気分もよくなって楽しいですよ。

え?パーマかけたら将来ハゲそう?

大丈夫だ。

ハゲてもかっこいいオッサンになれるように筋トレ始めよう!

 

スポンサーリンク